私達の地球を守ろう

人類の一人一人が平等で人間らしい生活を営むべきだと言われてきていますが、実際は生まれた国や家庭環境によっては、恵まれない環境で生活している人々が少なくないのが現状です。 恵まれない生活を送る地域の人々に、まだ十分着用できる洋服を送るという事は、洋服を必要とする人への物資支援でもあります。

自然環境を守ろう

人類である私たちはもちろんのこと、地球上の動植物にさまざまな恵みを与えているといわれる森林を形成する樹木です。 経済的な理由などで無計画に伐採されることにより、豊かな自然の減少はもちろんのこと、樹木が伐採などされたことで土砂災害などがおこる結果となり、深刻な事態となってきています。

もったいないという言葉は世界の共通語に

今や日本語である「もったいない」という言葉は世界の共通語になりつつあります。 日本人である私達が生きている今の時代は飽食時代だともいわれることがあります。 安全安心な食生活をうたいながらも、一方では食物の廃棄などによる無駄遣いとなり、自然破壊にもつながりかねないと懸念されています。

まだ使えるものを必要とする人の元へ

今日の異常気象をもたらす地球温暖化の原因は、有害な物質や大量の二酸化炭素などにより、地球の大気汚染が進んだことにより起こったものだと考えられています。
これらの考えにより、地球温暖化の速度を少しでも抑えるために国際規模でみんなが協力することで、樹木などの自然を守り、プラスチック製品などの処理などに起こりやすい有害ガスを抑えようとする運動が世界規模で活動されています。
その活動の一環として、リサイクル活動が注目されてきています。
2008年~2012年の期間中に、1990年に比べて少なくとも5%の先進国全体の温室効果ガス6種の合計排出量を削減することを定めました。
また、第4条では締約の各国が二酸化炭素などの排出量について、各国の割当量を超えないように求め合うように推進されました。
日本は、ハンガリーとポーランドと同じ6%の削減となりました。
尚、残念ながら京都議定書での取り決めを離脱した国があります。
それは、割当量7%が決められていたアメリカ合衆国と日本と同じく6%の割合だったカナダでした。
離脱した以外の国以外の締結各国が共同で削減を行ってる一方で、地球温暖化の速度はなお進みつつあります。
私たちが住む地球の大気圏内のオゾン層がこれ以上のダメージとならないように、そして、未来の人達に自然豊かな地球をわたすためにも、今私達一人一人の努力が必要となってきています。
まずは、私達の身近からできるリサイクルから始めませんか。

おすすめリンク

中野の不用品回収専門業者

引越や荷物の整理を計画するなら、中野の不用品回収業者を比較してから検討をしましょう!

神戸市の粗大ゴミ処理業者

神戸市での粗大ゴミ処理に悩んでいる方はまず業者に相談を!思ったよりも安く片付けてもらえるかも!?

世田谷の粗大ごみ処理業者をお探しなら

世田谷区で粗大ごみの処理に困っている方に朗報!電話一本ですぐ来てくれる業者一覧。

ノートPCの中古販売店

中古のノートPCが欲しい方必見!豊富な機種と行き届いたメンテナンスで新品同様の中古品が多数。

大田区の不用品回収の流れ

不用品回収を依頼したらどれぐらいで引き取ってもらえるのか、大田区の場合をわかりやすくご紹介します。